仕事の成功

求人広告との違いとは?採用ホームページを活かしたGoogle しごと検索の将来性

googleしごと検索の3つのPoint

働き方の多様化により、ひと昔前に比べて転職も珍しいことではなくなりました。この時代の流れに伴い、優秀な人材を獲得するために求人広告を出している企業も多いでしょう。しかしながら、求人媒体に掲載しても応募数が伸びなかったり、費用対効果が悪かったりなど採用に関して悩む企業は多いのが実情です。今回は、2019年に新しくリリースされた運用型求人広告の「Google しごと検索」について、従来の求人広告と比較しつつ解説します。

Googleしごと検索とは?

Googleが2019年1月に開始した「Googleしごと検索」とは、Googleの検索結果に企業が掲載した求人情報を表示させる機能です。これまで企業が求人広告を出す場合、インターネットの求人サイトやフリーペーパーなどの求人媒体を利用することが一般的でした。しかし、Googleしごと検索では、ウェブ上の求人情報サイトや企業の採用ページなどの求人情報を、検索結果として表示することが可能です。求職者は、Googleの検索ボックスに求職に関するキーワードを入力するだけで、希望に沿った求人情報を得ることができます。

Googleしごと検索の特徴は、検索結果の画面で1番目立つエリアに表示されることです。

検索のキーワードによっては、企業の採用ページが表示される可能性があるため、より詳細な情報を求職者に提供することができます。また、Googleしごと検索では、求人情報の絞り込み検索が可能です。求職者が希望の求人情報を素早く検索できるように、カテゴリーや地域、正社員やアルバイトなどの雇用形態など、全5つに分類されたフィルタ機能を搭載しています。情報が溢れているインターネットの世界で、情報をより細かく絞り込めるのは時間の短縮になり、効率的に求人情報を見つけ出すことができるでしょう。また、求人を探す中で気になる情報を見つけたら、一旦その求人情報を保存することができます。この機能を利用すれば、求人を見失うことはなく、保存した求人情報をまとめて確認できるので、他社と比較してその中で一番自分の条件に合う求人を見つけることが可能です。

さらに、Googleしごと検索では、求人情報と合わせてその企業の口コミ情報も確認することができます。従来であれば、別途、会社名を検索してその会社の口コミ情報を確認する必要がありました。しかし、求職者は求人情報と一緒に口コミ情報を見ることができるので、企業側はその対策が必要です。求職者にとって口コミ情報は、第三者の情報を確認できる数少ない方法のひとつであるため、口コミ情報の重要性は今後も高まっていくでしょう。

Googleしごと検索を利用するには、企業は自社サイトに採用ホームページを所有している必要があります。また、自動的に採用ホームページが検索結果に表示されるわけではなく、構造化データをもとにマークアップを実施する必要があります。構造化データとは、職種や給与・就業場所などの求人情報を整理して一つにまとめた情報を指します。一方、マークアップは、サイト内の情報をまとめた構造化データをベースにコンピューターが正しく認識できるように、「タグ」と呼ばれる目印を使って意味付けをする作業のことです。構造化データを作成し、採用ホームページにマークアップすることにより、Googleが採用ホームページの求人データを把握できるようになります。しかし、注意点としては、Google しごと検索では、求人1ページに対して1つずつ構造化データのマークアップを行わなければならないことです。常に多くの求人情報をWEBサイトに掲載している場合は、大量のマークアップを行う必要があります。

従来の求人広告のメリットとデメリット

求人広告を出す場合、どのような媒体に掲載するかは非常に重要なポイントだと言えます。より効果的な求人広告を配信するためにも、それぞれの媒体の異なる特徴を理解することが大切です。

・掲載型求人広告とは?

掲載型求人広告では、その媒体のフォーマットにあわせて求人情報が表示されます。料金システムは通常月単位で設定されており、その金額は広告ごとに異なります。また、掲載型求人広告の場合、その媒体を閲覧する求職者に対して広告を発信するため、自ら集客を行う必要はありません。掲載型求人広告の種類は多く、メール配信やSNSなどのWEB広告、フリーペーパーや折込チラシなどの紙媒体、従来の求人サイトなどがあります。

WEB媒体は、その種類も数多く存在し、インターネットが主流となっている現代で広告の効果が得やすいとされています。媒体によっては特定の業種を対象にした求人サイトもあるため、人材のミスマッチを防ぐことが可能です。しかしながら、広告を見てもらえるのは求人サイトに訪れた人のみになるため、どこの媒体で広告を出すかを十分に検討することが重要です。一方、紙媒体の広告は、年代を問わず幅広い世代の人に見てもらえる広告だと言えます。しかし、インターネットが普及している今の時代、紙媒体が衰退の傾向にあるため、継続的な広告効果が十分に得られない可能性があります。地元密着型の企業であれば、広告が届きにくい地域の人にも働きかけをすることができるでしょう。

・運用型求人広告とは?

運用型広告では、予算やキーワードなどリアルタイムで配信方法を設定することができます。インプレッションやクリック数など、効果測定もすぐに確認できるため、反応を見ながら戦略を立てることも可能です。運用型求人広告は、検索エンジン に掲載されるリスティング広告や、サイトや閲覧利益を元に バナー を表示するディスプレイ ネットワーク広告など、広告の種類はさまざまです。そのため、企業に適した配信方法を見極める必要があります。

運用広告は、キーワードやターゲットに入札する形式で予算を決定することが可能です。運用の方法によっては、低予算で出稿ができるだけでなく、特定のターゲットに対して広告を配信できます。しかしながら、運用型広告の中でも人気の高いリスティング広告の場合、配信したいキーワードに対して入札をする形式となっているため、競合が多いキーワードほど入札単価が高くなる傾向があります。そのため、予算に沿った効果的な広告を打ち出すためには、日頃からキーワードや配信方法を検証することが重要です。

Google しごと検索の将来性は?

インターネットを使った求人情報探しが主流になってきましたが、数多くある求人情報から自身の希望にあった情報を見つけ出すのは非常に大変だと感じる求職者は多くなっています。自身の希望にピッタリな求人があったとしても、検索するキーワードや条件によって、その求人を見逃すリスクは大いにあるのではないでしょうか。Googleしごと検索には、条件を絞れるフィルタ機能に加え、居住地から2km圏内の仕事などのようにエリアを絞って探すことも可能です。より具体的な条件での検索が可能なため、求人を見逃すリスクは軽減されるでしょう。

また、Google広告のすぐ下に位置する広告エリアに表示されるので、求職者の目に止まりやすいというメリットがあります。さらに、求人に関連したキーワードを連想して情報が表示されるので、求職者は今まで以上に多くの情報を一度に得ることができるでしょう。しかしながら、Googleしごと検索は、他の広告媒体と異なり有料の広告ではないため、検索結果の上位に表示するために料金を支払うことはできません。数多くある求人情報の中で上位の表示を獲得するためには、自社でSEO対策をどれだけできるかが大きな鍵となるでしょう。

Google しごと検索を利用して、優秀な人材を獲得しよう!

Google しごと検索を活用すれば、今まで以上に求職者の募集が可能となるでしょう。ただ、従来の求人広告では必要なかったマークアップをする必要があるため、導入に躊躇する企業も多いかもしれません。しかしながら、今後は従来の求人広告に変わる新たな求人掲載の場所として頭角を現す可能性を秘めています。採用がなかなか上手くいかないという企業は、一度Google しごと検索を利用してみることをおすすめします。

Googleしごと検索、indeed掲載対応採用ホームページ「Flag」
5

Googleしごと検索とindeedへの掲載対応採用ホームページ

Googleしごと検索×indeedに対応した採用HPをリリース。次世代型採用サイトテーマは「最速化」求職者のPCとスマホの利用比率は3:7以上。年齢層によっては1:9とまでなります。あくまで、スマホ閲覧を優先した100%モバイルファーストを実現。HPの表示速度は常に「最速化」を目指し、求職者を逃しません。更にSEO対策も万全。運用すればするほど採用効率が上がります。求人広告制作のプロが本気で取り組んだ求職者目線で作成する、貴社の魅力を最大限に伝える「採用ホームページ」を是非、ご堪能下さい。

>「採用の実感」をお約束します

「採用の実感」をお約束します

「求人広告掲載のプロ」ではなく、「人材採用のプロ」として、
徹底的にコストパフォーマンスに特化しております。
まずは無料相談をお申し込み下さい。
人材採用のエキスパートスタッフがご対応させて頂きます。

CTR IMG