不安感

Googleしごと検索へ掲載は効果増やせる?自社採用ホームページの重要性を解説!

job serch
企業が正社員やアルバイトを募集する際、インターネットを活用するのは常識となっています。そして、掲載型求人広告だけでなく、のような運用型求人広告から自社の採用ホームページに誘導する手法も多くなってきましたが、Googleが求人サービスを始めたことによりその様相が大きく変わろうとしております。この記事では、自社採用ホームページを充実させるメリットや重要性、実際の運用で押さえておくべきポイントを解説します。

優秀な人材を確保するために!自社採用ホームページの重要性

企業の人材募集における「自社採用ホームページ」とは、求職者向けに特化した内容が掲載されている自社サイトのホームページです。通常の企業ホームページとは別に作成され、採用に関する情報だけが更新されていきます。主なコンテンツとしては募集要項や経営理念はもちろん、スタッフのコラムやインタビューなどを載せる企業も少なくありません。

自社採用ホームページを作成する重要性として、ひとつは「企業ホームページとの差別化」が挙げられるでしょう。企業ホームページには採用情報だけが掲載されているわけではありません。そのため、求職者にとっては必要のない情報が多く、欲しい情報が探しづらいホームページだといえます。仕事を探しているタイミングですぐに情報を確認できないと、応募するモチベーションが下がってしまうこともありえるでしょう。そうなれば、企業は優秀な人材を確保しにくくなります。自社採用ホームページを作ることで求職者を惹きつけ、応募を増やすことができます。

また、企業と求職者の「マッチング」という面では自社採用ホームページ以上に役立つものはないでしょう。離職率が高かったり、新人がなかなか戦力にならなかったりする企業は、自社の仕事に対して適性のある人材を採用できていない状態が考えられます。適性のない人材を採ってしまう原因のひとつが、募集時の情報不足です。企業情報や仕事内容を正しく発信できていないために、本来入ってほしい人材からの応募が増えないのです。逆に、自社の仕事に合っている人材が入社すれば教育はスムーズに行えます。モチベーションも高いので、即戦力になるケースも珍しくありません。そうした状況を目指すためには、企業情報を目につきやすい形で伝えて、求職者だけにターゲットを絞った自社採用ホームページが不可欠です。

そのほか、「他社との競争力」を強化させるためにも自社採用ホームページは重要です。採用過程では、同じ業界・業種の企業と優秀な人材を奪い合わなくてはいけません。そんな中、求職者が情報を見やすく、採用活動に力を入れていると感じられる企業を選ぶのは自然な流れです。情報がわかりにくい企業は他社との比較検討で不利といえます。その結果、優秀な新人が入ってこないだけでなく、競合他社との競争で遅れを取ってしまうことにもなりかねません。ライバルから抜きん出た存在になるためには、充実した自社採用ホームページが求められるのです。

・求職者に必要な情報のみを提供するため
・求職者とのマッチングを図るため
・採用競合との差別化を図るため

自社採用ホームページを作成する際の注意点!

入念な準備をして自社採用ホームページを作らないと、思ったような効果は出ません。それどころか、完成度の低いホームページを公開してしまうことで自社の評判を落とすリスクすら生まれます。自社採用ホームページを作るなら、担当者を中心としたチームを編成して力を注げる環境を整えましょう。ほかの業務が忙しいと、どうしてもホームページ制作は片手間になりがちです。集中して作業にあたることで、ホームページの完成度は高まっていきます。

次に、「ターゲット層」をはっきりさせることです。自社採用ホームページは、とにかくアクセス数を伸ばせばいいというものではありません。適性があって戦力にできる求職者の関心を引かなければ成功とはいえません。まずは、自社の分析を綿密に行い、「どんな人材に応募してほしいか」を明確にしましょう。可能なら、「20代前半男性体育会系」といったようにペルソナを作り上げ、社内でイメージを共有します。そして、ペルソナが反応してくれるようなデザイン、フレーズを意識しながらホームページを更新していきます。

自社採用ホームページでは、「コンテンツの面白さ」も大切です。事務的な内容が載っているだけの自社採用ホームページだと、通常の企業ホームページと大差ありません。継続的に「見たい」と思わせられるコンテンツがないと、求職者は離れていきます。採用情報やエントリーフォームは必須として、求職者に自社の魅力をわかってもらえるようなコンテンツも用意しましょう。先輩社員のインタビューがあると、求職者は入社後の自分の姿が想像がしやすくなります。画像や動画を掲載して、ホームページの見映えをよくすることも重要です。

そして、自社採用ホームページへの「誘導」を効率的に行いましょう。どんなにこだわったホームページでも、求職者に見られないと応募につながりません。SEO対策を行い、検索エンジンの検索結果上位に登場させるのはひとつの方法です。また、求人広告サイトを利用するのもいいでしょう。自社採用ホームページだけで募集をかけるのではなく、求人広告サイトにも情報を載せて求職者が流入するようにします。多くの求職者の目に触れるほど優秀な人材が応募する確率も高まるので、PRには力を入れましょう。

利用しやすいのはどこか?求人広告サイトの種類を紹介

求人広告サイトには「掲載型求人広告サイト」と「運用型求人広告サイト」の2種類があります。まず、掲載型求人広告サイトとは、期間や広告本数によって料金が発生するサイトのことです。中でも、「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」は使い勝手のよさや知名度から多くの求職者に利用されています。職種やエリアを細かく絞り込めるので、企業にマッチした求職者から応募されやすくなるのが魅力です。また、アルバイトの募集という観点ではバイトルは知名度の高い掲載型広告サイトです。

共に、広告の原稿作成も依頼することができます。求人広告掲載企業の担当者から細かくヒアリングしたうえで、求職者の興味を高めるような原稿を作成してくれます。

一方、運用型求人広告サイトとは広告をクリックされた段階で課金されるサイトのことです。たとえば、「indeed」ではサイトに検索エンジンがそなわっています。そして、indeed内で検索した企業の採用情報が出現し、自社採用ホームページへとジャンプできる仕組みになっています。自社採用ホームページへの誘導を目指すなら、運用型求人広告サイトのほうが掲載型よりも効果が高いといえるでしょう。

そして、Googleが運営している求人サービス「Google しごと検索」です。Google しごと検索は、通常のGoogleのエンジンで求人の検索を行うと採用情報が現れる仕組みです。表示方法は「エンリッチリザルト」と名付けられた、ネットユーザーの印象に残るような工夫がほどこされています。表示されるのは検索上位の3社までなので、絶対に自社の情報が出てくるわけではありません。それでも、ネットユーザーの住所などで検索結果は最適化されるので、相性のいい求職者を見つけ出すにはぴったりです。

検索結果をクリックすると求人情報が詳しく表示されます。ただし、文章が中心なのでネットユーザーが「見にくい」と感じる可能性はあるでしょう。そこで、多くの企業が自社採用ホームページへのリンクを貼って、誘導を行っています。大手検索エンジンと連動できるのはGoogle しごと検索を利用する最大のメリットであり、自社採用ホームページのPVを増やすためにも効果的な方法です。

Googleしごと検索へ掲載して自社採用ホームページを広めよう

自社採用ホームページを制作したら、たくさんの求職者に見てもらえるような工夫をしなくてはいけません。そのためには、求人広告サイトを利用するのが効率的です。中でも、Googleの検索結果に表示されるGoogle しごと検索は大きな反響が期待できます。ネットユーザーを自社採用ホームページに誘導して、応募数増加へとつなげましょう。

Googleしごと検索、indeed掲載対応採用ホームページ「Flag」
5

Googleしごと検索とindeedへの掲載対応採用ホームページ

Googleしごと検索×indeedに対応した採用HPをリリース。次世代型採用サイトテーマは「最速化」求職者のPCとスマホの利用比率は3:7以上。年齢層によっては1:9とまでなります。あくまで、スマホ閲覧を優先した100%モバイルファーストを実現。HPの表示速度は常に「最速化」を目指し、求職者を逃しません。更にSEO対策も万全。運用すればするほど採用効率が上がります。求人広告制作のプロが本気で取り組んだ求職者目線で作成する、貴社の魅力を最大限に伝える「採用ホームページ」を是非、ご堪能下さい。

不安感
最新情報をチェックしよう!

雇用マーケットの最新記事4件

>「採用の実感」をお約束します

「採用の実感」をお約束します

「求人広告掲載のプロ」ではなく、「人材採用のプロ」として、
徹底的にコストパフォーマンスに特化しております。
まずは無料相談をお申し込み下さい。
人材採用のエキスパートスタッフがご対応させて頂きます。

CTR IMG