高校生のアルバイト

「高校生のアルバイト調査」を初めて発表。アルバイトの目的は、「貯金をするため」が約7割でトップ

現在、アルバイト就業中の高校生は26.0%で推計約83万人。アルバイト経験ありは47.7%で推計約153万人いる。アルバイトをしている職種のTOP3は、「飲食・フード(接客・調理)」35.8%、「販売(コンビニ・スーパー)」21.1%、「飲食・フード(販売)」10.2%で、これら3職種が7割弱を占めている。
また、高校生がアルバイトをする目的は「貯金をするため」が66.7%と半数を超えトップ。次いで「趣味のため」が48.5%、「社会経験を積むため」が30.3%となった。将来に向けての貯金・準備が目的という堅実な回答が多い結果に。
高校生向けアルバイト調査1
アルバイト探しで就職を意識した高校生は64.1%。特にスキル面では「挨拶や接客ができるようになる(30.4%)」、「正しい言葉遣いができるようになる(26.9%)」などの対人スキルの向上を目的とする傾向が強い。そのほかには「社会経験を積むことができる(26.6%)」という回答も多く、将来に向けての意識を持って、アルバイト選定を行っていることがうかがえる。
高校生向けアルバイト調査2
高校生向けアルバイト調査3
現在就業している高校生の学生生活とアルバイトの就業バランスをみると、半数以上の54.6%が学生生活(学業・部活など)に力を入れている(学生生活にとても力を入れている+どちらかというと力をいれているの合算)。高校生がアルバイトを始める際の不安要素は「学業と両立できるか(39.3%)」の回答が最も多く、企業や店舗は、高校生の学生生活とアルバイトの両立を配慮し雇用することが重要である。
高校生向けアルバイト調査4
アルバイトを始める際の不安要素を聞くと、「学業と両立できるか」が39.3%でトップに。以下、僅差で「職場の人間関係」(33.2%)、「急な休みに対応してくれるか」(31.3%)、「仕事を覚えられるか」(30.9%)、「やめにくくないか」(30.4%)が3割台で続いた。
高校生向けアルバイト調査5
即戦力として活躍してくれる高校生だが、学業との両立や将来に活かせる経験を身につけることができるかなども考慮をしてアルバイト探しをしている学生もいるようだ。その学生が何を求めているかをしっかりと確認し、活躍してもらえるような職場環境づくりをおこなっていくことも今後ますます求められてくるだろう。

マイナビ「高校生のアルバイト調査」概要
【調査方法】 インターネット調査
【調査期間】 2019年8月30日(金)~2019年9月6日(金)
【調査対象】 全国の15~18歳の高校生男女(高専、専門学校は除く)
【有効回答数】 2,164名
【実施機関】 株式会社インテージ

マイナビバイト掲載はお任せ下さい

ex-plorer
アルバイトの採用をお考えのご担当者さま。
私達エクスプローラー株式会社は「アルバイト採用が一番得意」です。
人手不足だけでなく、最低賃金のアップや働き方改革など採用が難しくなる中、コストパフォーマンスにこだわったご提案致します。
お客様イメージ(マイナビバイト)
「2万円の掲載プランで!」
「応募課金プランを知りたい!」
「地域の時給相場を知りたい!」・・・,etc.

商品パンフレット・料金表のお取り寄せだけもOKです。まずはご相談下さい。

>「採用の実感」をお約束します

「採用の実感」をお約束します

「求人広告掲載のプロ」ではなく、「人材採用のプロ」として、
徹底的にコストパフォーマンスに特化しております。
まずは無料相談をお申し込み下さい。
人材採用のエキスパートスタッフがご対応させて頂きます。

CTR IMG