NO IMAGE

全国求人倍率〜2019年11月発表

2019年11月度の新規求人倍率

前年同月比では、四国エリアのみが0.03ポイントとわずかながら増加。その他全エリアでマイナスとなっています。
特に東海エリア(-0.47ポイント)と南関東エリア(-0.33ポイント)が大幅な下落。全国平均でも0.22ポイントの減少と新規求人倍率の鈍化傾向が顕著な結果となっています。

2019年11月度の有効求人倍率

北海道エリアと四国エリアのみが昨年同月比で増加を示す一方で、全国平均を含めその他全エリアでマイナスとなっています。
最も下落値が高いエリアは、新規求人倍率の傾向と同じ東海エリア(-0.12ポイント)続いて北陸エリアが0.10ポイントの減少。
その他のエリアでは、東北エリアが-0.08ポイント、南関東エリアと北関東・甲信エリアが-0.07ポイントと高い減少値を示しています。

エリア別求人倍率新規求人倍率有効求人倍率
実績前年同月比実績前年同月比
全国2.28-0.221.57-0.07
北海道1.65-0.161.21+0.02
東北1.98-0.171.45-0.08
南関東2.46-0.331.59-0.07
北関東・甲信2.12-0.141.53-0.07
北陸2.41-0.141.77-0.1
東海2.59-0.471.76-0.12
近畿2.42-0.191.59-0.05
中国2.67-0.181.87-0.05
四国2.37+0.031.59+0.01
九州・沖縄2.05-0.091.43-0.05
関連記事

同一労働・同一賃金がはじまります。働き方改革の目玉である、「同一労働・同一賃金」が2020年4月より大手企業からスタートします。翌2021年4月より中小企業も適用されます。同一労働・同一賃金とは、同一企業・団体における正規雇用労働者[…]

働き方改革
>「採用の実感」をお約束します

「採用の実感」をお約束します

「求人広告掲載のプロ」ではなく、「人材採用のプロ」として、
徹底的にコストパフォーマンスに特化しております。
まずは無料相談をお申し込み下さい。
人材採用のエキスパートスタッフがご対応させて頂きます。

CTR IMG